先天的な体質のわきがでも食生活で改善できる

先天的な体質のわきがでも食生活で改善できる

ワキから強烈な臭いを発するわきが。本人も辛いですが臭いが強烈であればあるほど、身近にいる人へ不快感を与える可能性が高く、自身への評価をも左右しまう場合にはより深刻な事態と言えます。

 

個体差によって多さが異なるアポクリン線という汗線と、通常どの方ももっているエクリン線という汗線の両方からの汗と皮脂が混ざり、そこにわきにいる常在菌が結びついて分解を始めると異臭が発生します。これが簡単なわきがの仕組みです。わきがとは生まれながらに持ったアポクリン線の多さによって発症するので遺伝的な要因が強いと言わざるおえません。

 

生まれ持ったアポクリン線の多さという先天的な体質のわきがなのに、食生活で改善できるの?と思いになる方も多いと思いますが、臭いの元となるアポクリン線からの汗や皮脂の分泌を抑えるような食事を摂れば、常在菌が汗を分解した際に出るわきが臭を抑えるように出来ます。

 

わきがの原因であるアポクリン線からの皮脂の分泌を増やしてしまう主な食材は肉類です。動物性たんぱく質や脂質の高い食事はアポクリン線からの皮脂の分泌を増やしてしまういます。菌が分解できる皮脂が多いほどわきが臭を発生させてしまうので、少しでもわきがを改善したい方はお肉中心のメニューから魚や野菜中心のメニューに切り替えましょう。

 

そうは言っても「今日から一切お肉を食べません!」となると今度はストレスがたまり精神的によくないので、初めは難しく考えずに洋食から和食メニューに変更するだけでいいです。いつもハンバーグを選んでいた人が肉じゃがになるだけでお肉の摂取量が減るので、わきがは必ず改善します。お肉をどうしても食べたくなったら少し野菜を多めに摂るようにするなど、バランスの良い食事を心がけましょう。

 

なんでも継続が大切です。わきがの原因と発生の仕組みから食事改善するだけでも、効果があることが分かって頂けたと思います。菌が分解してしまうアポクリン線の皮脂の分泌を少しでも抑えるために普段の食事を気にかけるようにしていきましょう。