女性が求めているものを見極めるのがモテル第一歩

女性が求めているものを見極めるのがモテル第一歩

男性のみなさん、女性の話を聞いて普通に会話をしていたつもりが、相手を怒らせてしまったりあきれられたりした記憶はありませんか?

 

 

それはずばりあなたの話を聞く力が弱いからです。女性が話を特に悩みを打ち明けてきたということはあなたに少しでも興味がある、気があるからです。ここから良い関係いなれるかどうかはすべてあなたの話を聞く力にかかっています。まず女性の悩みや愚痴についはとにかく話を聞くに限ります。女性にが話をかけてきた段階で女性の頭の中には自分のっ話とあなたの返答があらかじめ決められています。

 

 

なのであなたはその決められた返答をくみ取り答えるだけ。これだけで二人の距離がぐっと縮まります。間違っても相手を否定したり、想定されていないアドバイスは控えてください。相手のことを想っているつもりでも逆効果です。まずはひたすら話を聞くのです。「話をじっと聞いていたらちゃんと聞いてる?と怒られた」こんな経験をお持ちの方はいませんか?話を聞けるようになったら次は相槌です。

 

 

これも適当に(本人は真剣でもそう取られがち)にしてしまうとものにできるものもできなくなくなってしまいます。「うん、へー、そーなんだー」これだけの相槌だけでは相手も本当に来ているか心配になってしまいます。しかし、台本があるわけでもない相手の話に対してどう対応すればいいのか?こればかりは残念ながら経験に頼るほかありません。ですが、必殺技はあり。

 

 

それは【オウム返し相槌】です。これは相手の話をそのままオウム返しに共感してたあげるのです。

 

 

例えば「〇〇さんって〇〇なんだよね」に対して「へ〜〇〇さんって〇〇なんだ」と。たったこれだけで相手の女性は「あ、この人私の話をちゃんと聞いてくれてる」と思ってくれます。ここで一つ注意があります。この「オウム返し相槌」ですが、同じ女性に何度も使用するのは控えてください。考えてもみてください。話をするたびに自分と同じようなことばかり言われては会話のテンポも悪くなります、なんとなく煩わしく感じてしまいます。

 

 

なので基本的には相手の藩話を聞いてアドバイスしたいところぐっとこらえて、相手に共感するこれを徹底してください。どうしても返す返答が見つからない特に初めてこの方法を試すくらいがちょうどいいと思います。女性はとにかく話をするのが好きな生き物です。時には返答などいらずひたすら話をしたい時もあり、逆に会話のキャッチボールを楽しみたいときもあります。今目の前の女性は何を求めていますか?それを見極めるのがモテル第一歩です。